cooking studio


by シェリブロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

旬を食べる会~3月~

寒さが少しやわらぎ、春を感じはじめたころ、
「旬を食べる会~3月~」がアドパンデュースで開催されました。


                      旬を食べる会とは…?
             
                 クッキングスタジオ シェリブロでは、
              日本の正しい食文化を後世に伝えていくため、
                「食べ聞かせ」という活動を行っています。
       自然の恵みを意識して旬の食材をいただくこともそのひとつであると考え、
          「アドパンデュース」とコラボレーションし、「旬を食べる会」を
                     定期的に開催しています。


今回の旬の食材はこちら。
d0085594_16571251.jpg
(12時の方向から時計まわりで)根セロリ、筍、芽キャベツ、新生姜。

1品目◆根セロリのポタージュ◆
d0085594_16552489.jpg
普段よくスーパーに並んでいる茎セロリと違い、根を食べるセロリ。味は茎セロリに
似ていますが、苦みやクセは全くありません。
マッシュポテトに似たホクホク感のある、爽やかなセロリの香りがするスープに
仕立てられていました。

2品目◆ホタテとオクラのタルタル パルミジャーノの器で◆
d0085594_1724588.jpg
パルミジャーノでできた器に皆さま大喜び!
ホタテを少し炙ったものと丸オクラをあわせたタルタルの味はさっぱりしていて、
パルミジャーノの濃厚なチーズの塩気ととてもマッチいました。

3品目◆筍と菜の花の燻製ガランティーヌ◆

d0085594_1656364.jpg
菜の花と鶏肉のガランティーヌ。旬の筍と菜の花、さらに桜のチップで燻製された鶏肉。
少し早く春を感じることができました。

4品目◆しらすと芽キャベツの軽いトマトソース あおさのリングイネ◆
d0085594_16562738.jpg
リングイネを口にいれた瞬間、あおさの風味が口いっぱいに広がり、
その後に主張しすぎないドライトマトのソースの優しい味と、しらすの味が
追いかけてくるように出てきます。
個性のある味と食感のある食材にもかかわらず、
素材の味がそれぞれに味わえることに驚きました。

5品目◆鰆のグリル 新生姜のソース◆
d0085594_16564110.jpg
新生姜のソースと聞くと、つーんとしたイメージをしていたのですが、
玉ねぎのすりおろしたものと新生姜をあわせてソースに仕立てられているのでまろやかな味。
脂ののった鰆に相性のいいソースでした。

6品目◆サクサククロワッサンとイチゴのミルフィーユ◆
d0085594_16565674.jpg
パンデュースのパリパリのクロワッサンに濃厚カスタードクリームとイチゴをサンドして
ミルフィーユに。カスタードもイチゴジャムも甘いのに、一緒に食べるとイチゴの酸味が
引き立ち、とてもバランスの良い一品でした。

次回の「旬を食べる会」では、ホタルイカやそら豆などが登場します。
日時:4月21日(月)20:00~
場所:アド・パンデュース(淀屋橋odona)

ご予約・お問い合わせは
クッキングスタジオ シェリブロ
TEL 06-6205-7722  まで。
[PR]
by chelibro | 2014-03-24 10:02 | 【レッスン】トルコ料理