cooking studio


by シェリブロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

6月旬を食べる会

空梅雨かと思えば、急な大雨・・・天候不順が続いております。
今年は全体的に、雨が少ないようで、農作物への影響が心配です。
6月の「旬を食べる会」の夜は、とっても暑い日でした。


旬を食べる会とは・・・?
              クッキングスタジオ シェリブロでは、
            日本の正しい食文化を後世に伝えていくため、
            「食べ聞かせ」という活動を行っています。
      自然の恵みを意識して旬の食材をいただくこともそのひとつであると考え、
        「アドパンデュース」とコラボレーションし、「旬を食べる会」を
                  定期的に開催しています。


d0085594_12284026.jpg

夏は塩分やミネラルが不足しがち。
今回のテーマは、夏に上手に取っていただきたい「塩」についてでした。
燻製塩・炭塩・天日湖塩などなど、本日のお料理にも使っている塩を紹介しました。
みなさんひとつずつ味見して、興味深々でした。

d0085594_12552580.jpg

■新じゃがいもの冷製ポタージュ
最初の冷たいスープが、外の暑さを吹き飛ばしてくれました。
奥の黄色いお野菜は、「黄ズッキーニ」。メインの「仔羊のロースト」で登場します。


d0085594_12342265.jpg

■アユのコンフィ
滋賀産の天然鮎を使用。
低温でじっくり火入れをした鮎は、骨も頭も全て食べられるくらい柔らかくなっています。
立体的な盛りつけが、まるで鮎が泳いでいるように感じられます。
バジルのソースでいただきます。


d0085594_1237556.jpg

■フロマージュ ト テット(もち豚の煮こごり)
豚のほほ肉、舌、耳、豚足、牛スネ肉を使って、豚から出るコラーゲンで固めている
ので、色々な食感が楽しめます。
マスタードとの相性が抜群。上にのっているハーブは、ミニミニベビーリーフ。


d0085594_12413135.jpg

■ハモとフルーツトマトのオイルパスタ
旬のハモを豪快に使った一品。フルーツトマトの甘さが、香ばしく焼いたハモを引き立てます。
旬の食材「空豆」も使われています。

d0085594_12435862.jpg

■仔羊のロースト
骨付きのラム肉を3時間かけてじっくり火入れをしています。
肉質はしっかりしているけれど、硬くはなく、濃厚な味わいです。
付け合せのお野菜は、小松菜・かぶ・黄ズッキーニ。
仔羊の下に焼きナスのピュレが敷いてあり、デーツのソースで仕上げてあります。



■ゴールデンパインのソルベとマチェドニア

d0085594_18481973.jpg
ほどよい甘味と酸味を持つ、品種改良された沖縄県石垣島産
の「ゴールデンパイン」をソルベにしています。
大きさは、浦田シェフの手のひらサイズ。
d0085594_18483254.jpg
びわ・パッションフルーツ・アメリカンチェリーなどの旬のフルーツをたっぷりと使った
マチェドニアと組み合わせて、清涼感いっぱいのデザートで締めくくりです。




来月の「旬を食べる会-7月-」は、
2013年7月22日(月)20時~です。
ご予約は、クッキングスタジオ シェリブロ
06-6205-7722 まで。
[PR]
by chelibro | 2013-06-26 13:10 | 【レッスン】トルコ料理