cooking studio


by シェリブロ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

8月の味吉兆レッスン

コトは1ヶ月前の味吉兆のレッスンまで遡ります。味吉兆の清水先生が何気なく言った一言。
「来月はスッポンでもするかぁ」

みんなその言葉に大喜び!でもまさかスッポンをおろすところから・・・?
いえいえ、清水先生の話では、バラしたスッポンを業者が持ってくるとのことで、一同ひと安心。


しかーし!!
それから1ヶ月後の8月1日。
朝からスタッフは食材に衝撃を受ける事になります。
それは・・・・。

川魚専門の卸業者さんが「ご注文の品をお届けにまいりました~」
とスッポンを届けにきた事から事件は始まります。

スタッフが「冷蔵庫に入れておいたほうが良いですか?」
と業者さんに質問した所、
「いや常温で大丈夫です」
「???そうですか?」
と少し疑問ながら商品を受け取った事が運のつき…。

新聞紙に包まれた品を開けると

………。


「まだ生きてるー!!」

…そう。
そこにはわさわさと元気よく動くガメラ・・・いや、スッポンの姿。
噛まれたりしたら大変な事になります。


とりあえずバットに移して上から更にバットをかぶせてみたのですが
すき間からスッポンのプニプニとした手がバタバタと動いて上手く閉じ込められません。


色々な細いもので隙間から攻撃し、出た手をようやく内側へ押し戻した所
やっとバットが上手くかぶさりました。
その上から厳重にビニールテープでバットをとめて
完全なる包囲の完成です。にんまり。

ふぅ…これでとりあえず一安心です。

味吉兆の先生にすぐさま電話した所
「さばいてから配達してって注文しておいたのに」
との事。
「えっそうなんですか……」

そして、もう一度業者さんを呼ぶと
「いやぁ、すいません」とニコニコしながら
バットに閉じ込められたスッポンを持って帰られました。
一件落着です。


数時間後…帰ってきたスッポンは悲しい姿となっておりました。

余談はさておき、そろそろレッスンの報告をします。

本日の味吉兆のレッスンのお品書きは


・すっぽんのスープ
・水茄子の旨煮
・滝川豆腐
・鯵の棒寿司


です。

スッポンは熱湯をかけ皮をむいて下処理をした後、たっぷりのお酒と昆布の出汁で
煮ていきます。あとは柔らかくなるまで煮ます。
d0085594_18565737.jpg



滝川豆腐は豆乳と寒天と出汁を混ぜて流し缶で固めます。
さて上手く固まるでしょうか?


水ナスも旨出汁をたっぷりと含ませる様に煮ていきます!!


水ナスに添える車海老もまだ生きてましたよ!!
生徒さんたちは驚きながらもちょっと楽しいそう、いやすごく楽しそうでした。
d0085594_18365941.jpg






鯵の棒寿司も生徒さんたちが巻いて、出来上がっていきます。
本当においしそう!
d0085594_1836251.jpg



そして固まったお豆腐を天突きを使って押し出して行きます。
d0085594_18342666.jpg
以外とむずかしいなどとの声も聞こえつつ、きれいに川の様に形づくられていきます。
d0085594_18354480.jpg




そして出来上がったのがこちらです。
d0085594_18375210.jpg


本当、きれいですよね。
d0085594_18391948.jpg




もちろんお味も抜群の出来で美味でございました。




朝の騒動を知らずにスッポンスープを堪能された生徒さんたちは
次の日肌がプルプルになっていたハズ!

効果をまたお聞きしたいと思います!!
[PR]
# by chelibro | 2007-08-03 18:59 | 【レッスン】スイーツ

バリよりおいしいご報告

7月半ば、一週間のお休みを強引にいただいて、
「神様の住む島」と呼ばれるバリへとバカンスに行ってました。
d0085594_1547540.jpg

もう5回目になるのですが、毎回新しいバリを発見できて、なかなか飽きることがありません。進化するバリであったり、懐かしいバリであったり、どちらにしても驚きや感動が詰め込まれた島であることは間違いありません。

2007年、メインの目的は「食」と「癒し」。

d0085594_1554244.jpg

いつもはかなりローカル路線をたどるところ、今回は合間にリッチゴージャス系を組み入れてメリハリを楽しむ旅にしました。
リッツ・カールトンのビュッフェでまともな紅茶がでてきたことにおかしな感動をしながら朝食をいただいたり・・・
お気に入りのワルン(食堂)で好きなおかずを好きなだけ白ご飯に載せてもらうナシチャンプル(ごちゃ混ぜご飯)をローカルに混じって食べるランチがあったり・・・d0085594_15485128.jpgd0085594_1550148.jpg
トゥバンにある最高のロケーション「マジョリ」でサンセットを眺めながらシャンパンで始まる優雅なフレンチをいただく夜を過ごしたり・・・。d0085594_1549267.jpgd0085594_15522682.jpg
こんなに高級感あふれるレストランなのに、前菜からメインまでが一気にサーブされたことに「やっぱりバリらしいよね~」と、ついつい笑い話にできるところがまたバリの凄さなのかもしれません。

新しいものを受け入れる柔軟性が良くも悪くも大いにあるバリ。でもよーく見てみると町のいたるところに、昔ながらの生活スタイルがまだまだしっかり残っている。そして中間のどっちつかずなついつい突っ込んでしまいたくなるお店が存在している、そんな新と旧が混在した不思議な空気にはまる人ははまるんです(もちろん私もその1人)。
d0085594_15503120.jpg

最終日はローカルの子達がラストナイトだから、といってもてなしてくれた庭バーベキューに参加。
モリで一突きした!というツナが今夜の主役です。どう目を凝らしても他にバーベキューする具材が見当たりません。炭火でせっせと焼いてくれたオンリーツナに、「もうちょっと塩じゃない?」「チリが足りないよ」「オイルも足さなきゃ」とみんなでわいわい作ったお手製のサンバルマタ(唐辛子、小玉葱、ライム、塩、オイルなどを混ぜ合わせた調味料)を合わせておいしくいただきました。デザートはお気に入りのブブールインジン(ブラックライスプディング)、ココナッツミルクとほっこりした甘さのお米が最高の組み合わせです。
d0085594_15504436.jpg

帰りに「将来絶対有名になるから」、と強引に渡された3人のサーフィン写真とサインを大切にしまいこみ、帰路に着きました。
いつか、このサインにプレミアついたりしないかしら、なんて淡い期待を抱きながら・・・。
d0085594_15505972.jpg

[PR]
# by chelibro | 2007-07-23 18:36 | その他
梅雨時期の6月末、本町界隈で、実は本格的なケバブがくるくる焼かれていたことをみなさんご存知でしょうか?
ジメジメをふきとばすような情熱的なお肉料理です。

6月26日の18:30~、トルコ料理【ナザール】のスペシャルレッスンが開催されました。

この日のメニューは
◆ドネルケバブ
~牛肉の回転焼き、羊飼いのサラダ添え~
◆アジェムピラヴ
~オスマン風ピラフ~
◆ドンドルマ
~トルコ風のび~るアイス~

d0085594_12384469.jpgいつもは前のテーブルでデモをしつつ、生徒さんにも同時進行で
調理してもらうのですが、この日は8名いらっしゃったので、各テーブルをシェフが回ります。

d0085594_12382162.jpg「シェフ~・・・」「シェフ~・・・」というお声があちこちからかかるのでシェフもいったりきたり。見慣れない食材や調理方法にみなさん興味津々、いろんな疑問も沸きますよね。

d0085594_1239867.jpg
いつも来てくださっている生徒さんとシェフとの掛け合いはお手の物。終始和気藹々とした和やかなムードで笑い声が絶えません。
今回は全く初めてトルコ料理に触れられる方にも来ていただけました。
数々のエスニック料理がある中からわざわざ選んでくださった勇気(?)にスタッフも感激です。


d0085594_12395672.jpgd0085594_1240861.jpg
ケバブはみんなで串にさしていきます。大きなブロック肉ではなくて、薄切り肉を重ねあわせていくんですね。
2kgのお肉はこのようなタワーに・・・。

d0085594_12403093.jpg
最初はケバブとピラフとデザートだけのメニューだったのですが、
シェフの提案で、パンまで焼くことになりました。
このパンにケバブをはさむのがシェフの一押し!
d0085594_12405040.jpgd0085594_12422230.jpg
いつもシェフはこれにはピラフ、これにはパンのほうがあう!と
力強く語ってくれます。食べ合わせを大事にされるんですね。

d0085594_12411241.jpgさて、そろそろ注目の回転焼き!
火力は強めなので、絶えず回転させる係は必須です。
程よく焼けてきたところを個人個人、大きなナイフで削ぎ切って焼きあがったばかりのパンにはさんでパクリ!
薄切り肉のはずなのに、びっくりするほど肉汁があふれてきます。

あちこちから「・・・おいしぃ!」の声。

付け合せの羊飼いのサラダ、それからピラフ、とこの日もボリュームたっぷり。ナザールのレッスンはいつもそうなのですが、メニュー名から連想する以上に、付け合せの野菜やお豆をたっくさん使います。

最後はデザートのアイスと濃厚トルコティーでおしゃべりタイム。
シェフのおおらかでちょっぴり情熱的な人柄に触れていただけたでしょうか。
d0085594_12415782.jpg

いつもと少し違う調理法やテクニック、スパイス&ハーブの絶妙な使い方、
トルコ料理の魅力はまだまだ奥が深いんです。

来月のメニューは、そろそろ日本でも認知度があがってきたサバサンド!
えーパンに魚!?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
フランスパンなんかに炙った鯖、もしくは油で揚げた鯖をはさんで
さっとレモンを絞っていただくと、その意外なおいしさに感激するはずです。夏にぴったり、もちろんビールが欠かせない一品ですよ!お楽しみ。
[PR]
# by chelibro | 2007-07-04 12:58 | 【レッスン】スイーツ
6月21・22日、待望のフレンチレッスンを開催しました!

堂島にあるフレンチ「デシネ・ラ・サヴール」のシェフ、酒井 淳氏に教えて頂けるレッスンです。
d0085594_12305162.jpg

本日のメニューは
◆カリフラワーの冷たいスープ
◆仔羊のローストタプナードソース ラタトゥユ添え
◆サクランボのクランンブル

レシピを頂いたときから、仔羊?サクランボ?やっぱり本格的な素材を使われるのね、とワクワクしていたのですが、当日、仔羊のドーンと構えた塊にびっくり。
d0085594_1044135.jpgこれが3人分??シェフ、大盤振る舞いもいいとこですよ~

これをルクルーゼでじっくり1時間ほどかけて仕上げていきます。
教室中に仔羊と香草の香りが漂って、早速おなかがすいてきました。
(私だけでしょうか?)

d0085594_10444336.jpgd0085594_12145313.jpg

サクランボのクランブルは生のアメリカンチェリーをスパイスシロップでマリネするところから始めます。
目新しいテクニック、魅惑的な香りにみなさんしばしうっとり・・・。
d0085594_12183948.jpgd0085594_1213076.jpg

意外に手間をかけてあげるカリフラワーのポタージュ、
まずは「香味野菜をくれぐれも焦がさないように炒めてくださいね」
というシェフのアドバイス。炒め係は責任重大です。このときばかりはみんな無口になりました。

d0085594_1229184.jpgお料理好きの方ばかりだったので、みなさん熱心に質問され、
細かいテクニックにチャレンジした結果、すこ~し時間がオーバー
してしまいましたが、出来栄えに満足してくださったようです。
素敵なお店で見るような美しい盛り付けにスタッフも大感激!
「デシネ・ラ・サヴール」=「お皿に絵を描く」
まさにその通り!
d0085594_1214650.jpg

1日目、慣れないキッチンや生徒さんの変化球な質問に
シェフは少しテンテコマイになってらっしゃいましたが、
2日目は少人数だったため、よりスムーズに詳しく教わることができたようです。
d0085594_1215664.jpg

普段はあまり気にかけていなかったプロのテクニックやコツを
丁寧に教えて頂き、早速ご家庭でも実践しよう!と思われた方も
手間隙かかったおいしいフレンチが食べられるだけで大満足!
という方も、それぞれ楽しんでいただけたようで
シェリブロスタッフも嬉しく思っています。

さて、以前からフレンチコース開催希望の声を多数お聞きしていました。
今回のイベントも大変人気でしたので、
来月から(7月)毎月第4木曜日に
シェフコース【フレンチ】デシネ・ラ・サヴールを開講いたします。
詳しいメニューなどご希望の方は
お気軽にメール・お電話などでお問合せくださいね。
[PR]
# by chelibro | 2007-06-26 12:38 | 【レッスン】スイーツ

◇◆入会特典!◆◇

【6・7月限定】

ご入会いただいた方に、シェリブロ特製グッズをもれなく
プレゼントいたします!

d0085594_17141996.jpg

◆シェリブロエプロン
~お料理もまずはカタチから!?
 スタイリッシュなエプロンでお料理もささっと作れちゃう気分になります。~

◆ハーブ栽培セット
~ハーブティーやお料理に使いやすいハーブを
  ご自宅で育ててみませんか?
  思っているよりずいぶん簡単です。
  ハーブの生長とともにお料理の腕も成長させていきましょう!~


この機会に体験レッスンで雰囲気・レベルを確かめて、
今年こそもっともっとお料理上手、目指しましょう!
[PR]
# by chelibro | 2007-06-13 17:16 | 【レッスン】イタリアン